池袋学とは何ぞや?


こんにちは。
お気楽オーボエ奏者のこばめぐです。

昔から土地のルーツなどに興味があって
子どもの頃は、民俗資料館が好きという
マニアックな子供だったわけですが…

大人になった今も、
生命の根源についてだったり
何かしらものごとのスタート地点というのに
心が惹かれます。

そんな性格もあって
今住んでいる「雑司ヶ谷」も非常に興味深く
歴史を感じられる街並みが気に入っています。

そんな私の興味を知ってか知らずか
お友達から何やら面白そうな講座の案内が!

立教大学×東京芸術劇場
池袋学

池袋学ってなになに?!
名前からしてインパクト!!

私が知る以前から開催されていたようで
過去講座も非常に興味深く…

でも、ひとまず夏季講義に申し込んでみました♪

【講座1】

講演会「雑司が谷とは何か」

◇日時:2016年8月1日(月)10:30~12:30

◇講師:
「雑司が谷はどこか?」渡辺憲司(自由学園最高学部長、立教大学名誉教授)
「法明寺と雑司が谷」近江正典(法明寺住職)
「未来文化遺産と雑司が谷」川上千春(日本ユネスコ協会連盟事務局長)

【講座2】

シンポジウム「雑司が谷を中心とした地域づくり―大人と子どもと―」

◇日時:2016年8月1日(月)13:00~15:10

[事例報告とパネルディスカッション]
三田一則(豊島区教育委員会教育長)
渡邉隆男(雑司が谷未来遺産推進協議会会長)
平井憲太郎(としまユネスコ協会代表理事)
小池陸子(「としま案内人 雑司ヶ谷」代表)ほか
司会:阿部治(立教大学社会学部・同ESD研究所長)

会場はいずれも立教大学7号館7101教室

雑司が谷にご興味のある方は、ぜひご一緒しましょう(^^)/


コメントを残す

← 戻る