響きの海を泳ぐように演奏する♪


Music Methodの記事を初めて読む方は、「はじめに」からお読みください♪

 

音は“出そう”とすると出にくいもの?!
音は「出すもの」ではなく「生まれてくるもの」。
そして、生れてきた音は「響く」のです。

お部屋で演奏する場合は、そのお部屋全体が楽器だと思ってみてください。
お部屋全体で呼吸をして、お部屋全体を響かせます。
自分の楽譜を眺めてみると、自分の役割しかわからないものですが、ちょっと想像してみてください。
ベース(低音)の上に、ハーモニー(和音)が響いて、その上にメロディ(旋律)がのっかっている。
大まかにそんなイメージができたら、ぜひスコアをのぞいてみてください。
そして、改めて自分の楽譜を眺めながら、ほかの楽器の響きに耳を傾けて、スコアの構図を思い浮かべながら演奏してみましょう♪

生きていくための自然な呼吸と、音楽の呼吸とが絡み合って、生き生きとした音楽が生まれます。

ERY82_sorawooyogu20131222-thumb-815xauto-16537

豊かな響きの中を泳ぐように、演奏を楽しんでみてください♪

Let’s  Try!!

文章を読むだけではわかりにくいな~という方は、お気軽にレッスンへいらしてくださいね(^^)

サイト案内

①こばめぐってどんな人?⇒Profile
②こばめぐの考えていることを知りたい!⇒Blog
③こばめぐの演奏を聴きたい!こばめぐに会いたい!⇒Information
④こばめぐに音楽を習いたい!⇒Lesson
⑤音楽を使ってもっと健康になりたい!⇒Music Method
⑥心がモヤモヤしている…お悩み相談をしたい!⇒i-colorカウンセリング
⑦こばめぐに質問がある!⇒Contact


コメントを残す

← 戻る